薬剤師ブランク再就職にチャレンジ

薬剤師ブランク再就職にチャレンジ※クリニック求人

東京の薬剤師クリニック求人・募集情報が熱い巷で最近では噂されていますね。ただ私がいろいろと調べたところ大都会東京の渋谷、新宿、池袋クラスの副都心でもクリニックの薬剤師転職情報については少ないというのが正直な感想になります。当サイトのメインで独占取材・潜入特集コーナーをしようと考えているのは潜在薬剤師ブランク再就職に関する内容になります。一度退職・仕事を辞めたけどやっぱり資格免許を活かして社会や地域に貢献したい!と考えている方は数多くいます。そんな方の復帰支援のサポートをすることができればと思い、これから復職で新しいチャレンジ(挑戦)をする方向けのコラムやコンテンツを中心に作り上げていきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。(東京健康管理クリニックホームページとは関連ありませんので、注意を!)

 

なお、当サイトを利用するメリットの高い人をいくつかピックアップしましたので、参考にして頂けると嬉しく思います。

  1. ブランク期間が長い
  2. 定年後の再就職を検討している
  3. 子育て・育児に奮闘中のママ薬剤師
  4. 離職期間を取り戻すための研修セミナーに参加したい
  5. 転職支援サポートを受けたい
  6. 履歴書・面接対策のアドバイスが欲しい
  7. 復職支援プログラムについて気になる

 

上記の通りになります。また、潜在薬剤師の求人・募集の探し方や高収入・高給料の案件を探すマル秘テクニックなどためになる情報提供をモットーにサイトを作成していきたいと考えていますので、どうぞ積極的にチェックしてください。

 

潜在薬剤師で復帰するなら職場はどこ?

 

施設形態からハローワークや薬剤師転職サイトを利用して求人を探す方は結構いるみたいです。どこの企業で仕事をするかも重要ではありますが、それほど働く場所についても多くの方が関心を持っているという訳です。特に育児や子育てからの薬剤師ブランクや60代・70代の再就職においてはどのよう復職をすればいいのか?戸惑ってしまう方は結構多いと思います。

 

自分にとってどの程度の給料・年収が妥当なのか?スキルやマナー対応に自信が無い場合は調剤薬局がいいのか?病院の方がいいのか?不明点はいろいろあって苦労される方が多いと言われています。

 

個人的には薬剤師ブランク再就職であれば調剤薬局やドラッグストアのパート求人・アルバイト募集辺りを視野に入れて探してみることをおすすめします。最初から無理をして退職する結果になるよりは様子を見ながら働く日数・時間を増やせるパートの方が正社員と比較してメリットが大きいと個人的に感じているからです。さらに言えば最近ですと休職・離職期間が長い方でも高額時給で就職している女性・男性はパートでも結構います。その土地の需要・供給によっては異なりますが、場合によっては時給2500円~3000円弱くらいであれば十分範囲内になります。薬剤師はパート時給の水準が他の業界と比べても相当高いので週3回~4回勤務くらいでも十分な月収を稼ぐことが可能になります。

 

ただ、基本的に調剤薬局やドラッグストアをおすすめしていますが、病院薬剤師の場合ですと託児所付き・保育所完備など福利厚生が充実しているケースが結構多いので、自分の環境に応じて施設形態については決めることを推奨します。子育て・育児をしながら正社員で働きたいと希望する場合などではケースによって病院薬剤師の方がメリットがある時もあります。(東京健康管理クリニック健康管理課に関する質問には答えられませんので、ご遠慮ください。)

 

復職支援プログラム実施の求人はどれ?

 

潜在薬剤師が再就職を考える時やブランク復帰を希望する場合で結構気になるのは知識・技術を取り戻すための復職支援プログラム実施等の教育・研修制度の充実になります。

 

そのようなブランク薬剤師でも安心して働くためめ求人・募集を探すなら人材紹介会社の利用を個人的にはおすすめします。転職するにあたってそもそも不安や分からないことが多いという人は結構いると思います。そうした方のために履歴書作成の指導や面接対策など徹底的に就職を支援してくれますし、コンサルティング能力に優れている専門家が担当者になってくれる場合もありますので、心強い存在になるはずですので、どうぞ積極的にご利用ください!